ヴァロラントで遊ぼう【小学生でもわかる基本的なルール】

VALORANT(ヴァロラント)

ヴァロラント【VALORANT】、通称「ヴァロ」は、FPS(First-person shooter:一人称視点シューティングゲーム)です。

基本プレイ・ダウンロードは無料で、パソコン(Windows)でのみプレイすることができます。

RYU
RYU

ここでは、ヴァロラントの基本プレイ方法を学びながら英語【English】も勉強していくよ。

※そうするとこれを読んでいるのが見つかっても「英語の勉強をしている」って言えば怒られないでしょ?

 

スポンサーリンク

基本的なゲーム内容(どんなゲーム?)

ヴァロラント【VALORANT】は、タクティカルシューターゲーム(現実の銃撃戦をモチーフにしているゲーム)です。

友達と一緒にチームを組んで戦うこともできます(5対5のゲームの場合、友達3人とチームを組んだら残り2人は知らない人が追加されます)。

 

ルール解説

攻撃(アタッカーサイド)【the attacking team】と、守備(ディフェンダーサイド)【the defending team】に分かれて戦います。

基本のプレイスタイル、アンレート【Unrated】では、先に13ラウンドとったチームの勝利となります。

先攻後攻は、ランダムに決められ、12ラウンドごとに攻守が交代します。
※つまりアタッカー(攻撃)からスタートした場合、アタッカー(攻撃)を12回やってからディフェンダー(守備)をします

銃の弾は味方に当たりませんが、その他の攻撃は味方にも影響があります(味方への攻撃は通常の1/3のダメージ)。

 

勝利条件:アタッカー(攻撃)

攻撃(アタッカーサイド)【the attacking team】が勝つには、2つの方法があります。

  1. スパイク【Spike】(45秒が経てば爆発する時限爆弾)を設置して、守備(ディフェンダーサイド)【the defending team】に解除させることなく起爆させるか
  2. 相手チーム全員倒す

スパイク【Spike】は攻撃側の誰か1人しか持てないため、前線に立たないエージェント【agents】であるイニシエーター【Initiator】もしくはセンチネル【Sentinel】が持つことが多いです。
※スパイクを持ったエージェントが設置前に倒されると敵味方関係なく全員にアナウンスが入りスパイクの場所がバレるため

誰が持つかはチーム内で相談します。

 

勝利条件:ディフェンダー(守備)

守備(ディフェンダーサイド)【the defending team】が勝つには、3つの方法があります。

  1. 制限時間内にスパイク【Spike】を攻め側に設置させない(アタッカーは1分40秒以内にスパイクを設置しないといけない)
  2. 設置されたスパイク【Spike】が起爆するまでに解除する
  3. スパイク【Spike】を設置させる前に相手チーム全員倒す

つまり、一度スパイク【Spike】を設置されてしまったら、スパイクを解除する以外に勝つ方法はありません。

 

基本用語について

キャラクター【character】のことをエージェント【agents】、スキル【skill】のことをアビリティ【ability】と言います。

その他、知っておくと便利な用語はコチラ

※今まとめています

 

スポンサーリンク

スキル(アビリティ)について

それぞれのエージェント【agents】には、それぞれ独自のアビリティ【ability】が合計4つあります。

  • 基本のアビリティ【ability】×3
  • アルティメットアビリティ【ultimate ability】(通称:ウルト)×1

 

基本のアビリティ【ability】

基本のアビリティ【ability】の1つは最初から持っていますが、残り2つは、各ラウンドごとにクレジット【credit】と引き換えないといけません(前回のラウンドで使用せず残っていた場合は次のラウンドで使えます)。

必要クレジット【credit】数はアビリティによって異なります。
※クレジット【credit】について詳しく下記にまとめています

 

アルティメットアビリティ【ultimate ability】

アルティメットアビリティ【ultimate ability】は、

  • 敵を倒す
  • スパイクを設置する
  • マップ上に散らばっているアルティメットオーブ【ultimate orb】を回収する

など、勝利に貢献するとポイントが貯まり、ポイントを一定数貯めると使用できます(必要ポイントはアルティメットアビリティ【ultimate ability】によって異なる)。

 

スポンサーリンク

クレジットについて

クレジット【credit】はその1ゲーム内でのみ使える通貨のようなものです。

武器やアビリティ【ability】を購入するには、クレジット【credit】が必要ですが、クレジット【credit】は現金では購入できません。

ゲームをプレイすることでのみゲットできます。

 

クレジットを手に入れるには

まず、ゲーム開始すると800クレジット配られます。

そこからは、

  • 敵をキル:200クレジット
  • スパイク設置:300クレジット
  • ラウンドが終了:1900クレジット【固定】
  • ラウンドに勝利:1100クレジット
    ※ラウンドに勝つと、1900+1100=3000クレジット入る

などで、ラウンドを重ねるごとにクレジットが貰えます。

 

スポンサーリンク

ゲームモードの種類

ヴァロラント【VALORANT】

Credit: Riot Games

ヴァロラント【VALORANT】の基本のゲームモードは大きく分けて7種類あります。

  1. アンレート【Unrated】
  2. コンペティティブ【Competitive】
  3. スイフトプレイ【Swiftplay】
  4. スパイクラッシュ【Spike Rush】
  5. デスマッチ【Deathmatch】
  6. エスカレーション【Escalation】
  7. レプリケーション【Replication】

 

アンレート【Unrated】

アンレート【Unrated】がヴァロラント(VALORANT)の基本ゲームモードです。

  • 5対5で戦うチーム戦
  • 13ラウンド先取で勝利
  • ライフは1ラウンドに1つ

そのため、1ゲーム完了まで早くて30分、長いと1時間かかります。

 

コンペティティブ【Competitive】

コンペティティブ【Competitive】はアンレートとほぼ同じですが、競技性が高く20レベル以上のプレイヤーでないと参加できません。

  • 5対5で戦うチーム戦
  • 13ラウンド先取で勝利
  • ライフは1ラウンドに1つ

そのため、1ゲーム完了まで早くて40分、1時間を超えることもあります。

 

スイフトプレイ【Swiftplay】

スイフトプレイ【Swiftplay】も基本のゲームモードですが、5ラウンド先取で勝利が決まることと、クレジット【credit】がアンレートとは少し異なります。

  • 5対5で戦うチーム戦
  • 5ラウンド先取で勝利
  • ライフは1ラウンドに1つ

そのため、15分ほどで終わります。

 

スパイクラッシュ【Spike Rush】

スパイクラッシュ【Spike Rush】は、全員がスパイク【Spike】を持っているモードです。

パワーアップオーブとランダムなロードアウトが追加されます。

  • 5対5で戦うチーム戦
  • 4ラウンド先取で勝利
  • ライフは1ラウンドに1つ

こちらも15分ほどで終わります。

 

デスマッチ【Deathmatch】

デスマッチ【Deathmatch】は、個人戦、自分以外全員敵の練習モードで、エイム【aim:敵に標準を合わせること】練習に最適です。

  • 自分以外みんな敵(個人戦)
  • 誰かが40人キルしたら終了
  • 何度でも蘇ることができる

こちらは数分で終わります。

 

エスカレーション【Escalation】

エスカレーション【Escalation】は、展開の早いチームデスマッチです。

次々と変わる武器とアビリティ【ability】を使って敵を倒す必要があるります。

  • 5対5で戦うチーム戦
  • レベル12を先にクリアしたチームが勝ち
  • 何度でも蘇ることができる

最長10分(10分を過ぎると終了)で終わりますが、10分かかることはほぼありません。

 

レプリケーション【Replication】

レプリケーション【Replication】は、基本のゲームモードですが、全員が同じエージェント【agents】を使うこと(5人それぞれが選んだエージェントからランダムでどれか1つが決定)、5ラウンド先取で勝利が決まることと、クレジット【credit】がアンレートとは異なります。

  • 5対5で戦うチーム戦
    ※ただし味方はみんな同じキャラ
  • 5ラウンド先取で勝利
  • ライフは1ラウンドに1つ

まだ自分では使えない(解放されていない)エージェント【agents】をチームの誰かが選択していて、それに決まった場合は、その人もそのエージェント【agents】を使用することができます。

 

スポンサーリンク

レベル・バトルパス・レートについて

レベル【level】はゲーム回数をこなすと上がります。

レベル【level】が上がると使えるエージェント【agents】が増えていきます(50レベルくらいになると全エージェント【agents】を使えます)

 

バトルパス【battle pass】レベルが上がると報酬(武器スキン、スプレー、バディー、プレイヤーカードなど)がもらえます。

 

レート【rate】はチームに貢献して勝ったり、大差で勝ったりすると上がり、負けると下がるプレイヤーレベルのようなものです。
※レートは見ることができません(非公開)

レートが上がるとマッチングする相手が強くなるので、初心者がいきなりプロプレイヤーとあたることはありません。

 

スポンサーリンク

初心者向け【注意点・アドバイス】

VALORANT(ヴァロラント)

クリアリング【clearing】(敵がいそうな場所を全部確認すること)をしっかりするのが上達への近道です。

ヘッドライン【和製英語】(敵の頭の位置)を意識してプレイしましょう。

自分のせいでラウンド【round】を落としてしまった場合は、sry(sorryの略)と打つと気持ちよくみんなでプレイできます。

また、味方が奮闘していたのに負けてしまった場合は、nt(nice try)もしくはnf(nice fight)と打ってあげましょう。

わからないことは優しそうなチームメイト【teammate】に尋ねるといいですよ。

 

初心者のオススメのエージェント【agents】についてはコチラ

 

ゲーム用語(FPS用語)についてはコチラ

※今まとめています

 

フォートナイト【FORTNITE】で使われている言葉についてはコチラ

 

ゲームで英会話

友達やチームメイトと話をしながらプレイできるため、英語圏の方と組んだときには、リアルな英会話を楽しめます。

特にこのヴァロラント【VALORANT】は、フィリピンの方が日本サーバーを使用することが多いため、英語を話す方とあたることが人気のオンラインTPSゲームフォートナイト【FORTNITE】に比べると多いです。

また、フォートナイト【FORTNITE】にはないチャット機能もあります。