英語脳勉強法「Callan for kids」子供用カランメソッドキッズ

カランメソッド(CALLAN METHOD)テキスト本

英語の勉強法の一つに、カランメソッド(CALLAN METHOD)があります。

カランメソッドは、4倍の速度で英語が学べるというもので、カランメソッド認定校でしか学べません。
また、テキストも書店やAmazon等では販売しておらず、公式ページか認定校を通しての購入となります。

そんなカランメソッドですが、最近、子供専用のカランメソッドCallan for Kidsを習えるスクールが増えてきました。

 

カランメソッドとは

カランメソッドは、1960年代にイギリスの語学学校が開発したものです。
「そんなに古いシステムで大丈夫?」と思ったのですが、2012年に古い文章・文法・語彙が訂正され、現代に見合ったものとなりました。

カランメソッドの勉強法は、超実践的英会話学習法の一つで「英会話の学習時間をこれまでの1/4に短縮できる」というものです。

ダイレクトメソッド(直接教授法)とよばれるメソッドで、英語を英語のまま理解する「英語脳」を作ることができ、効率的に英語を学習することができるため、世界30国以上、約500校のスクールで採用されています。

 

英語脳とは?

英語で聞いたものを日本語に直して理解してから、英語で答えるのではなく、英語でそのまま理解して英語で返答するのが英語脳です。

 

カランメソッド(CALLAN METHOD)勉強法「英語脳」

「May I take a picture?」

えっと…「写真を撮ってもいいですか?」って聞かれているから、「いいよ」を英語で言わなきゃ。

「Sure!」

⇓ではなくて⇓

カランメソッド(CALLAN METHOD)勉強法「英語脳」

「May I take a picture?」

「Sure!」

英語を英語で理解してすぐに答えることができると、会話もスムーズですし、それが本来ある姿です。

では、カランメソッドのレッスンはどのようなものなのでしょうか?

 

カランメソッドレッスンの流れ

単語の発音を先生のあとに続いて何度も繰り返します。
その後、その単語を使った文章を先生が言うので、同じく後に続いて何度も繰り返します。

最後に先生が質問をするので、それに答える(質問の答えは先ほどの単語を使った文章)という流れです。

単語:pen, pencil, book, a, waht’s, thie, it’s
先生のあとに繰り返す

文章:What’s this? It’s a pen.
What’s this? It’s a pencil.
What’s this? It’s a book.
先生のあとに繰り返す

質問:What’s this? What’s this?
生徒:It’s a pen(pencil, book)
先生の質問に答える

 

カランメソッドレッスンの特徴

カランメソッドレッスンの大きな特徴は、

  1. 早口
  2. 同じ質問を2度繰り返す
  3. 必ず省略形を使う

です。

 

先生は早口

先生は、かなりの早口で話します。
自然なスピードに慣れるためということですが、不自然なくらい早いです。

とくに質問をしてくるときは、かなり集中しないと聞き取れないくらいです。

 

同じ質問を2度繰り返す

レッスンで一番多いのが、先生が質問をし、生徒がそれを答える授業です。
そして、先生は同じ質問を2回続けます。

それに対し、正確なセンテンスで答えないといけません。

先生:Are there two chairs in this room? Are there two chairs in this room?

生徒(Yesの場合):Yes, there’re two chairs in this room.
生徒(Noの場合):No, there aren’t two chairs in this room. There’re twelve chairs in this room.

生徒は2回答える必要はないですが、「Yes, there are.」や「No, there aren’t.」だけで終わらせてはいけません。
これがすごいスピードで行われます。

 

必ず省略形を使う

必ず省略形を使うように指示されます。

×:I am RYU.
○:I’m RYU.

×:It is a pen.
○:It’s a pen.

これを間違うと、すごいスピードで指摘されます。

 

カランメソッドforキッズ【レッスン動画】

実際に子供たちがカランメソッドforキッズを受けているレッスン動画です。

オンラインではなく教室で行われているグループレッスンの様子です。

そのため、オンラインの個人レッスンとはまったく同じではありませんが、レッスンの内容がよくわかるのでよかったらご覧ください。

子供でもこのスピードです。

そのため、小学校高学年(英語のレッスンを今まで受けていた)以上のお子さんでないと、カランレッスンは厳しいと思います。

 

大人のカランメソッド【レッスン動画】

単語一つ一つは簡単なのですが、スピードが速いので頭がついていきません。

 

Callan for kids(カランforキッズ)メリット・デメリット

カランメソッドキッズ教材

独特なレッスン方式なので、合うお子さんと合わないお子さんとがハッキリわかれると思います。

淡々とレッスンをこなしていくのが好きなお子さんにはいいと思いますが、楽しく学びたいお子さんには不向きです。

 

先生が笑わない

かなり真面目なレッスンです。
すごい早さで話すので、私語はいっさいありません。

 

レッスン料金が高い

特別な訓練を受けた先生しか教えることができないレッスンなので、通常のレッスンよりも料金が高いです。

先生も早口で話さないといけないし、集中力がかなり必要なので大変なんだそうですよ。

 

予習・復習が必要

予習復習が絶対必要というわけではないとなっていますが、かなりしっかり予習復習しないとレッスンについていけません。

 

カランメソッドはテキスト購入が絶対必要!

  • 大人用(カランメソッド):12ステージ
  • 子供用(カランforキッズ):4ステージ

1ステージごとに1冊テキストが必要です。

大人用は1冊2,000円ほど、子供用は1冊3,000円ほどかかります(送料が別途かかるためスクールによって多少金額が異なります)。

子供用が終わると、通常(大人用)のステージ4へ進みます。

レッスン時間は、ステージ1~4は約10時間必要で、ステージ5~12は15時間くらいかかるようです。

 

私は大人用を使っていますが、1だけでかなりてこずっています。
※大人でも初心者の場合カランキッズから習うほうがオススメなのですが、カランキッズを取り入れているスクールが少ないんです

1レッスン25分なのですが、レッスンが終わったあと30分は何もできないくらい脳が疲れていますし、予習復習をしていかないと、レッスン時にパニックになってしまうくらいのインプット量です。

 

カランキッズがオススメなのは

カランキッズがオススメなのは、自分から「真剣に英語を学びたい」と言ったお子さんです。

本人にある程度の覚悟がないと、このレッスンにはついていけないと思います。

 

カランforキッズを学べるスクール

カランキッズを学べるオンラインスクールは、2019年1月現在2校だけのようです。

体験レッスンの場合はテキストは必要ないので(購入すると送料を含め3,000円を超えます)、カランメソッドが気になっている方は、体験レッスンで試してみてから始めるのがオススメですよ。

 

ネイティブキャンプ

  • 料金:毎月6,480円
    ※カランレッスンの場合1レッスンに付き+200円
  • 体験レッスン:7日間無料

【無料体験】⇒1週間無料キャンペーンを実施中!

 

 

QQ English

  • 料金:3,685円(税抜)
  • レッスン回数:月3~5回
  • 体験レッスン:2回無料
    (カランforキッズの体験は最後の1回のみ)

 

DME Elementaryを学べるスクール

カランメソッドの進化版として話題なのが、ダイレクトメソッドDMEです。

2007年誕生と歴史は浅いですが、2019年現在、世界30カ国1,000校以上で採用されています。

基本的な内容はカランメソッドに似ている(同じことを2度繰り返すなど)のですが、さらに文法を強化したものです。

子供用のDMEには、

  • DME Elementary
  • DME Kids

があります。

2019年1月現在、DME Elementaryを学べるオンライン英会話スクールは、イングリッシュベルだけのようです。

イングリッシュベル

  • 料金:3,510円(税抜)~
  • レッスン回数:5回
  • 体験レッスン:2回無料
    ※初回体験はレベルチェック

【無料体験】⇒オンライン英会話ならイングリッシュベル