バーガーは嫌われている【英語バージョン”Burgers are hated”】フォートナイト(Fortnite)

ハンバーガーは嫌われている(Hamburgers are hated)

I’m into “Fortnite”.
ボクは今、フォートナイトに夢中です。

Fortnite is a very popular online game.
フォートナイトは、人気のオンラインゲームです。

Of course, playing games are popular.
and parody songs are popular among elementary school children, too.
ゲームが人気なのはもちろん、小学生の間では替え歌も流行っています。

Last time, I translated “Hated by tomatoes” in English, so this time, I tried to translate “Burgers are hated”.
前回、「トマトに嫌われている」を英訳したので、今回は「バーガーは嫌われている」を英語に訳してみました。

 

 

Sponsored Links

A parody song of Fortnite(フォートナイトの替え歌)

There are a lot of parody of the Fortnite, but the most popular one is the one that uses “Hated by life itself”.
フォートナイトの替え歌はたくさんありますが、人気なのは「命に嫌われている。」の替え歌です。

“Burgers are hated” is also a parody of this song, as “Hated by tomatoes”.
「トマトに嫌われている」と同じく、「ハンバーガーは嫌われている」もこの曲の替え歌です。

It’s a good song, so please listen to the original song.
いい曲なので原曲も聴いてみてください。

 

命に嫌われている。【原曲】

 

Hated by life itself. 【English ver.】

 

Why was this parody song made?(どうしてこんな替え歌ができたのか)

tomato VS hamburger(トマト対バーガー)

There was a battle between Burger-religious and Tomato-religious at the Fortnite event
フォートナイトのイベントで、バーガー教VSトマト教の争いがあったんです。

After all, Tomato-religious was won, so Tomato-religious remained in Mega Mall and Burger-religious was moved to Neo Tilted.
結局トマト教が勝ったので、トマト教はメガモールに残り、バーガー教はネオ・ティルデットに引っ越すことになりました。

The state of that battle (event) is made a parody song.
そんな戦いの様子を替え歌にしているのです。

 

「バーガーは嫌われている」の英語歌詞【English lyrics】

Because I translated Japanese lyrics directly, there are also parts that do not match the melody.
ボクが日本語歌詞を直訳したので、メロディに合っていないところもあります。

 

♪Burger ha kirawareteiru(Burgers are hated)

終わったなんて言うなよ
Don’t say it’s over

まだ営業をしてるよ
It still open

目の前がピザ屋なんて馬鹿げてるよな
It’s ridiculous that the pizzeria is in front of me

実際バーガー死んでもよくて
I don’t care even if the burger dead

トマトが死んだら悲しくて
It is sad if tomato dies

「それが嫌だから」っていう
Because I won’t like it

エゴなんです
It’s all my ego

 

バーガー生きてもどうでもよくて
I don’t care even if the burger is alive

ビーフ(ボス)を被ることもファッションで
To wear beef (boss) is fashion

それでもバーガー食べよう
Let’s still eat burgers

なんて素敵なことでしょう
What a wonderful thing

画面の先ではバーガー死んで
Burger in the screen dies

それ喜んで誰かが歌って
Someone pleasure it and sings

それに感化された少年がバーガー持って走った
A boy inspired by it ran with a burger

 

バーガートマトに嫌われている
Burgers are hated by tomatoes

僕はトマト必要なのに
I need tomatoes

バーガー「君がいないとバーガーじゃないよ」
Burger “If you aren’t with me, I’m not a burger”

簡単に話を流した
It ignored what I was saying

僕らはトマトに嫌われている
We are hated by tomatoes

軽々しく廃業だとか
To go out of business lightly

軽々しく僕らを見てる
think lightly about us

僕らはトマトに嫌われている
We are hated by tomatoes

 

資金がないので今日もこの町で営業開始する
I have no money, so I will open in this town again today

ピザ屋の繁盛目のあたりにして悔しい感情押し殺す
In the face of the prosperity of a pizzeria, killing my regretful emotions

悔しいなんて言葉でこの傷を表わせていいものか
Is it good to express this wound in words of regret?

そんな意地ばかり抱え今日も一人涙を流す
I’m holding such a nasty and I’m tearful alone, today, too

 

バーガーだった君たちはいつの間にかトマトになっている
When I realized, Burgers turned into already tomatoes

閉まっていつか枯葉のように誰にも知られず朽ちていく
It end one’s days in obscurity like a dead leaf without knowing anyone

不死身のバーガー手に入れて
Get a invincible burger

一生死なずに生きていく
I will live without dying

そんなSFを妄想してる
I am delusion of such SF

 

バーガー教とトマト教戦争
The war of Burger-religious and Tomato-religious

毎日何処かで争っていて
It’s fighting somewhere everyday

トマト教の人数の多さにヤられてしまう
We lose because of the large number of Tomato-religious

トマト「そろそろ大人しくあきらめろよ 死にたくないならかっかってくんなよ」
Tomato “You have to give up right now, if you don’t want to die”

バーガー「争いたいんじゃないんだ 僕にはトマトが必要だって!」
Burger: “I don’t want to battle. I need Tomato!”

 

バーガートマトに嫌われている
Burgers are hated by tomatoes

挟まってるのが嫌すぎて
Don’t like being caught between

バーガー「君がいないとバーガーじゃないよ」
Burger “If you aren’t with me, I’m not a burger”

嫌そうに話しを流した
It ignored what I was saying

バーガートマトを説得してる
Burger are persuading tomato

喧嘩せずに仲良くしようよ
Let’s get along well without fighting

本当のバーガーを知らない
I don’t know the real burger

まだまだトマトに嫌われている
Still are hated by tomatoes

 

ピザもバーガーもトマトが需要
Pizza and burger also need tomato

バーガーによってトマトを使わないバーガーもあるけど
Some burger doesn’t use tomatoes.

明日倒産するかもしれない
It may go bankrupt tomorrow

すべて無駄になるのかもしれない
It may be all wasted

パンズ、トマト、チーズ、ビーフ
Breads, tomato, cheese, beef

どれかが欠けてもダメだから
Even if one is missing it is no good

夢も明日も何もいらない君が戻るならそれでいい
I don’t need anything from a dream or tomorrow, I just want you to come back

そうだ本当は争いなんてしたくない!
To tell the truth,I don’t want to battle!

 

バーガー嫌われている
Burgers are hated

トマトにまだ嫌われている
Still are hated by tomatoes

君だって僕だってとんでもなく必要とされている
You and I are considered essential

それでも僕らは必死に生きて
But we lives alive hard

バーガー必死にトマト拝んで
Burgers desperately worships tomatoes

ねだってあがいて願って抱えて
requesting, wriggling, hoping, taking

バーガー、バーガー、バーガー、トマト、バーガー…
Burger, Burger, Burger, Tomato, Burger…

 

This is one of the ways to study English(英語の自主学習)

Hamburgers are hated(ハンバーガーは嫌われている)

This is a self-learning of English to submit for my elementary school.
これは学校に提出する英語の自主勉強です。

It is necessary to submit notebooks of self-learning as homework in some elementary schools in Japan.
日本の小学校の中には、自主勉強も宿題として提出しないといけないところもあるんです。

So I translated this parody song.
なので、ボクはこの替え歌を英語にしてみました。

 

覚えておきたい英単語・英熟語

I summarized the English words, idioms, etc. that I wanted to remember, which I used in this parody song.
今回の替え歌で使った、覚えておきたい英単語、熟語などをまとめました。

 

in the face ofの意味

in the face of~には、「~に直面して、~を物ともせずに、~にもかかわらず」という意味があります。
今回は、「~に直面して(~を目の当たりにして)」という意味で使いました。

 

in obscurity:ひっそりと

in obscurityは「ひっそりと」という意味です。
今回は、「誰にも知られず(ひっそりと)」の意味で使いました。

 

because of:の意味

because ofは、「~のために、~のせいで」という意味があります。
becauseは、「なぜなら、だから」という意味です。

 

to tell the truth

to tell the truthは、「実は、実をいうと」という意味です。
truthは「事実、本当のこと」という意味なので、直訳しても「本当のことをいう」という意味になります。

To tell the truth,I don’t want to battle!
そうだ本当は争いなんてしたくない!(実を言うと、私は戦いをしたくない!)

よく使う熟語です。