【英語版オノマトペ】幼児語と動物の鳴き声「コケコッコー」は通じない!?

【英語版】幼児語と動物の鳴き声

小さい子が話す言葉に「幼児語(赤ちゃん言葉)」があります。

にゃんにゃん(ネコ)、ブーブー(車)など、なぜか大の大人も小さな子と話すときには幼児語を使ってしまいます。

そんな不思議な言葉「幼児語」

実は英語にもあるんです。

ここでは、幼児語、さらに子供がよく使う擬音語の英語と日本語の違いをまとめました。

 

スポンサーリンク

英語の幼児語(赤ちゃん言葉)

英語の幼児語(赤ちゃん言葉)

日本語ほど幼児語が多い国も珍しいようですが、英語にも幼児語はたくさんあります。

 

【動物】にゃんにゃん・わんわんを英語で言うと?

  • 犬(ワンワン):doggie
  • 猫(ニャンニャン):kitty
  • 鳥(ピッピ):birdie
  • 魚(トット):fishy

kittyは幼児語としてだけでなく、子猫のことを指す場合もあります。

キティちゃん(サンリオ)は、ピッタリの名前ですね。

サリー(ディズニーピクサー映画「モンスターズインク」)はキティにしては大きいですけど…。

モンスターズインクについてはコチラ

モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)を英語で観よう!
【子供と英語でディズニーピクサー映画を観よう】耳から英語に慣れるためにオススメ!子どもも楽しんで英会話の勉強ができます。「モンスターズ・インク(Monsters, Inc.)」のキャラクター・セリフを英語でまとめました。

 

【乗り物】

  • 車(ブーブー):vroom-vroom
  • 電車(ブーブー):choo-choo

EXILEの有名な曲「choo-choo-train」は蒸気機関車の幼児語です。

 

【人(人物)】

  • 母(ママ):mama
  • 父(パパ):dada
  • 祖父(じぃじ):papa
  • 祖母(ばぁば):nana
  • 兄弟(にぃに):bubby
  • 姉妹(ねぇね):sissy

じぃじがパパはちょっとややこしい…。

 

その他

  • ご飯(まんま):num-num
  • 水:wawa
  • おしっこ(しっし):pee-pee、wee-wee
  • うんち:poo-poo

 

スポンサーリンク

擬音語(動物の鳴き声)

英語のオノマトペ(擬音語)

動物の鳴き声の表現は、国によって違います。

鳴き声そのものはどこの国にいっても同じなのに。

でも、ニワトリが「コケコッコー」と鳴いているかと聞かれると、違うような気もしませんか?

 

犬(dog)

ワンワン
bow-wow

日本語でもワンワン以外にキャンキャン、くぅーんなどがあるように、bow-wow(ばぅわぅ)以外にも、woof・yap・yelp もあります。

 

猫(cat)

ニャー
meow 、 mew

meow(みゃお)、mew(みゅぅ)など。

 

牛(cow)

モー
moo

moo(むぅぅ)です。
日本語とちょっと似ていますね。

 

鳥(bird)

ピーピー・チチチッ
tweet tweet

tweet tweet(トゥイー トゥイー)

うーん。
これは日本語のほうがあっている気がします。

 

馬(horse)

ヒヒーン
neigh

neigh(にぃぃ)

馬といえばヒヒィィーンですが、確かにニィィィのほうがリアルな気がします。

 

ネズミ(mouse)

チューチュー
squeak squeak

squeak(スクィーク)

発音しにくい…でも、ネズミの鳴き声ってあまり聞いたことがないからどっちが本物に近いかよくわかりません。

 

ブタ(pig)

ブーブー
oink oink

oink(オインッオインッ)

ブタはアニメだとピンク色でかわいく「ブーブー」鳴くイメージがありますが、息子は小さい頃に黒豚をみたときに、あまりの迫力と、その鳴き声「フングォ!」に驚き号泣しました。

ミニブタなら、ブヒブヒ(oink oink)くらいのかわいい鳴き声かもしれません。

 

羊(sheep)

メー
baa

baa(バァ)

馬もブタも日本語だとかわいらしい音に変換されていますが、英語はリアルに再現されています。
羊は「めぇぇ」なんてかわいく鳴きませんから「バァァァ」のほうが合っている気がします。

 

ライオン(lion)

ガオー
roar

ライオンやトラ、クマなどの大型動物が吠える声はroar(ろぉぁ)です。

 

アヒル(duck)

ガーガー
quack quack

quack quack(クワッ クワッ)

クワックワッよりもグワッグワッがピッタリな気がします。

 

カエル(frog)

ケロケロ
ribbit ribbit

ribbit  ribbit(リビッリビッ)

あまりに日本語と違いすぎて、初めて聞いたときは何の鳴き声のことを言っているのかわかりませんでした。

 

ハチ(bee)

ブーン
buzz

buzz(バズーィ)は、ハチの羽の音です。
ブンブン飛ぶイヤな感じが出ています。

 

ニワトリ(rooster)

コケコッコー
cock-a-doodle-doo

cock-a-doodle-doo(クックドゥルドゥー)

確かにコケコッコーも違うような気はしますが、クックドゥルドゥーはもっと違う気がします…。

 

スポンサーリンク

子供と楽しく英語を学ぼう

いつものアニメを英語で観たり、親子で英会話オンラインレッスンを受けたり、ちょっとしたことで子供と楽しく英語の勉強ができます。

オンライン英会話レッスンは、子供専用スクールもたくさん増えてきました。

親子・兄弟でレッスンを分け合えたり、ネイティブに直接習えたり…とスクールによって特色はさまざまです。

お子さんのタイプやその家族によってピッタリのスクールが異なるため、特色別にオンライン英語・英会話スクールをまとめました。

ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめオンライン英会話スクールランキング
中学生以下(小学生・未就学児)の子どもにオススメのオンライン英会話スクール・英語教室ランキングです。料金・システム・教材の値段・先生についてなどメリット・デメリットすべて体験してまとめています。無料体験についても紹介しています。